Polo グッズ、あります。
季節に合わせた(ストリートホッケー用ではない)ポロ専用のボールや世界最軽量で高い耐久性を誇るMILKのマレット・ヘッド、Northern Standardの軽量シャフト等、各種ポロ用グッズ、THBPでも少量ですが取り扱っております。
探してるけどみつからない、何処に売ってるか分からないという方は
tokyobikepoloアットgmailドットcom
迄お気軽にご相談下さい。(カタカナ部分をアットマーク、ピリオドに変換した上でメールして下さい。)

Northern Standardの日本仕様シャフトも今なら未だ在庫あります。製造終了品の為、次回入荷ありません。購入ご希望の方はTHBPか、秋田のS Arrow Akitaさん迄お問い合わせ願います。

THBPではメーカーの開発担当でもある世界各国のポロ・プレイヤー達と日々情報交換を行い様々なノウハウを共有しています。MILKやNorthern Standard、Fixcraft製品等に関する質問や取り寄せにも対応していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

2011/08/26

London Open 2011 Highlights

London Open 2011 Highlights from Jon Marshall on Vimeo.

今年第二回目を迎えた London Open 、エントリーも60チームを超え、メイン・スポンサーにもクランプラーやル・コックが加わりすっかりビッグイベントとして定着したようです。

来年は更に規模を拡大し、4コートで行われるとか。楽しみですね。

2011/08/25

20110814 STSP Cup HBPC 南科盃鐵馬球賽

3 Japanese teams entered to WHBPC 2011 & more

いよいよ2週間後に迫った今年のハードコート・バイク・ポロ世界選手権。いよいよエントリー済みのチーム・リストが公開され始めました。(日々アップデート中です。)

最終的に日本からは
Ōzeki (Taisaku (Akita) / Honma (Tokyo) / tomimine yu (Osaka))
雷神 (Raizing) (Arthur (Tokyo) / Crow (Tokyo) / Riki (Tokyo))
Yellow Stick Mania (Tommy (Tokyo) / Beat (Tokyo) / Matudo (Tokyo))
の3チームがエントリーします。

また、今年はアフターイベントとしても位置づけられている、三年目を迎える East Van Crown にも
Yatagarasu (Arthur (Tokyo) / Mammmbo (Osaka) / Tommy (Tokyo))
We've made better passes in a bar (Max (Seattle) / Riki (Tokyo) / Trevor (Calgary))
と2チームに日本人プレイヤーが参加、そして大会前日となる金曜日に行われるサブ・トーナメント Metal to the Pedal (ヘビメタがテーマのワン・デイ・トーナメントです。)にも Arthur と Riki が旧友 Shane (Toronto) と共にエントリーしています。

北米(メキシコ含む)、欧州、豪州と世界の「ポロ」が集う今年のシアトル、そしてバンクーバー。いよいよ日本の「ポロ」が世界に本格的に参戦します。

2011/08/14

Genki's B on B Joust (black logo on black paint)

genki's joust
というわけで日本で3台目となる Genki 君The Joust 。サイズは56cm、120mmエンド幅の通常モデルをベースにパイプをtrue temperにアップグレードという仕様です。自分が乗っているものから若干のアップデートはありましたが、それ以上に見た目のイメージが違いますね。(笑)
これから乗り込んでいくに従ってもうちょっとあちこち手が入りそうですが、まずは皆様にご紹介と言うことで。

2011/08/05

Fun Polo@Yoyogi park!

8月になりました。今週末は恒例の第一土曜、Playhadrd Rinding Schoolに相乗りさせて頂いて、いつものFun Poloです。
11時に代々木公園へ来て頂くか、朝10時半頃を目安に渋谷のW-BASE前に集合して下さい。

13時までのんびりポロを楽しみましょう。なお、毎度のことですが道具等は一式こちらで用意しておきますので、自転車、そして必要に応じてヘルメット等の防具のみご用意下さい。

では、明日お会いしましょう!

2011/08/04

Riki's The Joust updated

my the joust (Aug. 2011)
今年に入ってフリーギアにしたのと、WHBPCを前に若干セッティングをいじったので万が一の盗難に備えて(?)の記録画像的なご紹介です。(笑)

今年の1月より思うところあって固定からフリーに変更しました。それに伴ってギア比を変更し、ポジションの見直しやパーツの変更等も行っています。雑誌等で紹介頂いたときから変わっているのは

ハンドル:Nitto B259
チェーンリング:SLiC Polo Ringuard 35T
コグ:White Industries 22T (72ノッチ化改造済み)
クランク:Sugino Mighty Tour 165mm
フロントブレーキ:Shimano Capreo
ブレーキレバー:US handmade double pull V brake lever

といったところ。

フリー自体は毎度お馴染み任せて安心のBOREDでチューニング済み。より軽く回り、初速をキープする方向でのチューンです。(フリー単体で手で回してやるとわかりやすいのですが、軽く、かつ驚くほど回ります。さすがBORED、コストパフォーマンス最高のチューニングなので、フリーで乗ってる方は是非。他社製フリーでも効果あるとのことでした。)
また、通常の36ノッチから72ノッチに改造し、よりダイレクトに遊び無く「かかる」様にしてあります。

そして、それに伴いダブル・ブレーキ化。軽いギアで一気に加速し、そこからフルブレーキング、といったプレイにおいてリアだけではとても止まりきれないためフロント・ブレーキを導入しました。

polo ringuard

チェーンリングはSLiCさんのPolo Ringuardに変更しました。こちらはギアの歯数自体は変わらないもののMKEのものと比べると大幅に軽量化されています。またそれに伴いクランクをより取り付けやすく、Qファクターの狭いMighty Tourへと変更しています。
材質も7075T6と高強度のアルミニウムですし、そもそも自転車のパーツですから軽くて困ることもなく、おまけに金額的にもMKEよりお手頃ですのでお勧めです。(定価9800円で、セミ・オーダーで自分の好きなカラーにアルマイト処理してもらっても1500円の追加ですんじゃいます。)

ここからの一ヶ月間は最終調整。ブレーキ・ケーブルの取り回しをもう少々見直したり、ブレーキ・シュー雨天対応のものに変えたりといった細かいブラッシュ・アップはWHBPC直前まで行うつもりですが、基本的にはこの仕様で戦ってくるつもりです。

summer evening 2011

Riki

追記
近々国内に3台目のThe Joustがやってきます。今度のフレームは大きめの560。ということでおそらく自分のフレームとは全く違う見た目になると思います。ということで、こちらもオーナーさんが組み上げ次第ご紹介したいと思います。

BikePolo

BikePolo from Daniel McStay on Vimeo.

2011/08/03

The hardcourt bike polo on Japanese newspaper!

Bike Polo on Japanese newspaper

7月23日付の読売新聞西部本社版夕刊、第1面にてKamome Hardcourt Bike Poloが紹介されています。
自分達も後日追加取材を受け、協力させて頂きました。ご紹介頂いたマッチ君、有難う御座いました。

「300人以上のプレーヤー」が「300チーム以上」となってたりちょっと誤解があった部分もあるようですが、何しろ全国紙、それも1面。「バイクポロ」というものに対する認知という部分でかなり大きな影響があるのではないでしょうか。

Kamomeの皆様、お疲れ様でした。