Fixcraft、のオールシーズン&夏用ボールまもなく入荷!
季節に合わせた(ストリートホッケー用ではない)ポロ専用のボールや世界最軽量で高い耐久性を誇るMILKのマレット・ヘッド、Northern Standardの軽量シャフト等、各種ポロ用グッズ、THBPでも少量ですが取り扱っております。
探してるけどみつからない、何処に売ってるか分からないという方は
tokyobikepoloアットgmailドットcom
迄お気軽にご相談下さい。(カタカナ部分をアットマーク、ピリオドに変換した上でメールして下さい。)

Fixcraft社の定番ボール(春〜秋まで使えるオールシーズン用と真夏用の2種類)まもなく入荷します。数に限りがありますので購入希望者はお早めにご連絡下さい。
Northern Standardの日本仕様シャフトも今なら未だ在庫あります。製造終了品の為、次回入荷ありません。購入ご希望の方はTHBPか、秋田のS Arrow Akitaさん迄お問い合わせ願います。

THBPではメーカーの開発担当でもある世界各国のポロ・プレイヤー達と日々情報交換を行い様々なノウハウを共有しています。MILKやNorthern Standard、Fixcraft製品等に関する質問や取り寄せにも対応していますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

2014/09/14

DZR Marco again!


via. fixcraft's nstagram


今年の春頃から噂されていたMarcoのレディースモデルがいよいよインターバイクでお披露目された模様です。いろいろと細かい改良も施されているようでカラーもご覧のようにネイビーが差し色として採用されている模様。

DZRはサイズ感がちょっと大きめなので日本のユーザにはありがたいバリエーションとなりそうですね。

2014/07/04

Beer Point!

ビア ポイント!

東京発のハードコート・バイク・ポロ・ジン「ビア ポイント!」が只今都内の一部自転車店、コーヒー・スタンド等で入手出来るようです。中身はみてのお楽しみ、ということで興味のある方は以下の各店舗にお問い合わせ下さい。

なお、今後も不定期での刊行が予定されているようです。

とないはいふてん
Bored Workshop, Rew10 Works, Blue Lug Hatagaya & Kamiuma, Lug, Effect, Tempra Cycle, Geek Garage, W-Base Tokyo, Good People & Good Coffee.

2014/05/22

Sunday is fun day!

久しぶりにゆるーくポロを楽しむ企画のご紹介。

今週末、5月25日の日曜日駒沢公園の大階段下で初心者の方や久しぶりにポロを楽しみたいという方の為にピクニック&ポロのゆるゆるイベントを開催します。

当日は13時から16時まで、いつもの北側大階段下のスペースと駒沢通りに面した銀杏の木の下でのんびりとポロしてますので、ポロに興味のある方は是非お気軽にご参加下さい。

なお、雨天の場合は中止となります。あしからずご了承下さい。
(事前にメールもしくはFacebookのDMにてご連絡頂ければ、中止の場合はこちらからご連絡差し上げます。)

では日曜日にお会いしましょう!

2014/05/01

Fixcraft Core V2 Front Disc Hub

Fixcraft Core V3 Front Disc Hub

昨年のV1が好評博、ソールド・アウトとなったFixcraftのCoreシリーズ・ハブがバージョン・アップして帰ってきました。今年の"V2"ハブ、まずはフロント・ディスク・モデルが発売となり、国内にも早速(プロトタイプのV3と共に)入ってきましたので、簡単にご紹介。

Fixcraft Core V2 & V3 Front Disc Hub

ボディは今回も台湾製で6061材からの削り出し。コーンナット部分には7075材を使用し更に鉄製のインサートをかますことで耐久性の向上を図っており、ベアリングには前モデル同様EZO製のシールドベアリングを使用しています。

逆に変更となったのはハブ軸部分。トラックハブなどでお馴染みのナット止めタイプからBMX等でお馴染みのフィメール・アクスルのシャフトとアクスル・ボルトを採用。シャフト、ボルトはそれぞれクロモリ製で、ボルト側は17mmのレンチ、M6のヘックスの両方が使える8/32"径のものとなりました。BMX等で比較的よく使われている規格なので、代替品の入手も簡単なのではないでしょうか。

元々ヨーロッパの大きなトーナメントに代表されるような機材の安全面のレギュレーションが厳しい大会では、ハブを固定するナット部分から突き出しているシャフトは切断しなければならなかったりしましたが、仕様を変えてよりプレイヤー側の負担を減らしてくれています。(大会当日に会場でカットするの結構大変なんですよね。(笑))

ホール数も前モデル同様36と48。Fixcraftは会社の方針として48だけではなく36も必ずラインアップに加えてきますね。
因みに写真のモデル、ピューター・カラーの"V3"仕様ではフィメール・アクスルのシャフトを7075ジェラルミンを使用して軽量可を測っていますが、市販品(二枚目の写真の奥に見えるホット・ピンクのモデルがそう。)ではより耐久性のあるクロモリを使用しています。

重量は市販品モデルがカタログ値で330g、実測でおよそ336gとなっています。(V3モデルはおよそ60g程、市販のものより軽量化されています。)

この仕様で価格もおよそ$95US。昨年のV1発売時と比べると為替自体はかなり円安方向に振れていますが、それでもまだまだコストパフォーマンスは抜群でしょう。

現在NAHのルール変更を受けて大きくモデル・チェンジしたリア・ハブもテストが続けられているようです。
こちらは120mm/135mmエンドのカセット式、シングル仕様でラチェット数は120ノッチ。フリーコグを使わないことで大きく軽量化出来ますし、歯数の変更とそれにかかるコストへの負担も軽減出来ます。
こちらも非常に楽しみですね。

勿論、他のFixcraft製品と同様、THBP経由での取り寄せも可能ですので、興味のある方はいつものメールアドレスまでお問い合わせ下さい。

2014/04/16

12th, Apr. 2014 at Kugenuma skate park. / Everybody love the cut off jeans.

12th, Apr. 2014 at Kugenuma skate park. / Everybody love the cut off jeans.

晴れた昼間はTシャツ、タンクトップ、ショート・パンツと皆それぞれに薄着でポロ。
春本番ですね。

世界中のポロ・コミュニティが本格的なシーズン・インの予感に浮き足立っているような、そんな季節が始まりました。